ポートフォリオBUTOH Portfolio Butoh

Hijikata Tatsumi and Butoh research project at Keio University, Tokyo


2009年度新入生歓迎行事「土のいのち~どろだんごと左官の技」

f:id:p-butoh:20090608141917j:image

旧約聖書創世記の記述によれば、神は、天地を創造した後、自らに似せて土(アダマ)の塵で人間を創りました。しかし、神は、自らの命に背いた人間に、土から食べ物を得て生命を保ち、やがて、死して再び土に返る道筋をもさだめました。土は、生命そのものを構成する〈作品の素材〉であり、同時に、生命を育み、そして、死を迎える場所としての〈生命の母体〉ともなったわけです。

今回の企画では、土を、水や火や空気と出会わせ、その出会いを美の形にする”神技”の一端に触れていただきます。愛知県常滑市にあるINAXライブミュージアム「土・どろんこ館」の指導スタッフとノウハウは、土を光る球体に変える「どろだんご」の感動を体験させてくれるはずです。さらに、土から作品を生み出す専門家である左官職人挾土秀平氏は、その技術と作品が生み出す、鮮烈でありながら地に根ざした美の世界に、わたし達を誘ってくれるはずです。どちらも、みなさまにとって、人生そのものが変わる感動の体験となるはずです。是非、ご参加ください。

理工学部教授 小菅隼人

2009年7月4日(土) 13:30- 慶應義塾大学日吉キャンパス 来往舎・シンポジウムスペース

入場無料・予約不要(※どろだんごワークショップは事前予約が必要です)

タイム・テーブル

  • 13:30–15:00 どろだんごの時間
  • 15:30– 左官の技:挾土秀平さんのお仕事を紹介する映像上映
  • 16:00–17:30 挾土秀平講演会

どろだんごワークショップへのお申し込み

■ワークショップへの申込はしめきりました■

光るどろだんごの制作に参加された方は、引き続き講演会にもご参加ください。

塾生以外の方でもご参加いただけます。

※材料用意等の都合上、申込後のキャンセルは原則として受け付けておりません。かならずご来場くださいますようお願いいたします。

お問い合わせ

慶應義塾大学DMC機構 ポートフォリオBUTOHプロジェクト http://d.hatena.ne.jp/p-butoh/

[email protected] (小菅隼人)

光るどろだんご

幼いころ身近な土でどろだんごを作った経験はあるでしょうか。INAXライブミュージアムでは光るどろだんごづくりの体験教室が大人気です。やきもの用の粘土を身近にある道具で丸く削り磨きあげて光沢を出します。粘土の粒子は、2μ以下の細かさと形状が扁平のため表面を押さえつけると粒子がきれいにならび光沢が出ます。そのような性質を利用して左官には大津磨きという壁を光らせる技があります。土は、人が生活するうえで無くてはならないものです。穀物を育てるために、また家の壁、屋根、食器、便器、衣服、紙・・・。土は、人の力では作る事ができない大切なものです。

挾土秀平(はさど・しゅうへい)

左官技能士。職人社 秀平組代表。

1962年、岐阜県高山市生まれ、現在も在住。

2001年「職人社 秀平組」を設立。土にこだわる壁作りを目指し、日本全国はもとより、海外でも活躍の場を広げている。

また左官業だけに止まらず、土や木、藁などといった、自然に帰るものだけを使ったアート作品や、土を原料にした化粧品でのメイクなど、左官業から広く発展した作品も、発表している。

2009-06-08

 

// About

ポートフォリオBUTOHは、舞踏の創始者、土方巽の舞踏の理解と解明を目指すプロジェクトです。.... Read more

Members / Project History
Contact us

  Portfolio Butoh FB page

// News and blog


// Videos