ポートフォリオBUTOH Portfolio Butoh

Hijikata Tatsumi and Butoh research project at Keio University, Tokyo


ポートフォリオBUTOHについて | About Portfolio Butoh

ポートフォリオBUTOHは、文部科学省委託事業慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構の研究プロジェクトとして2005年より活動を開始しました。

当初、土方巽が振付を手掛けた、1976年制作『正面の衣裳』を題材とし、舞踏家山本萌氏の協力を得て、「身体表現のセマンティクスとコンテクストを舞踏家の実演/ワークショップのもとで記録し、デジタルコンテンツを創造し、研究をすすめながら、教育コンテンツも作成する」(「動きのアーカイヴ」プロジェクト)を研究目的といたしました。

その後、慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構を継承した慶應義塾大学DMC研究センターの研究活動の一端を担いつつ、慶應義塾内の独立した研究チームへと発展し、現在、主たる研究拠点を慶應義塾大学アートセンター・土方巽アーカイブに置き、広く土方巽及び舞踏活動全般を対象として、研究を展開しています。

このポートフォリオBUTOHは、「動きのアーカイヴ」に加えて、(1) イベント開催による成果報告と情報収集を目的とした「土方巽舞踏大解剖」と、(2) 研究会による学問的議論と学術情報の交換を目的とした「土方巽研究会」を企画・主催し、研究活動の幅を広げています。


// About

ポートフォリオBUTOHは、舞踏の創始者、土方巽の舞踏の理解と解明を目指すプロジェクトです。.... Read more

Members / Project History
Contact us

  Portfolio Butoh FB page

// News and blog


// Videos