ポートフォリオBUTOH Portfolio Butoh

Hijikata Tatsumi and Butoh research project at Keio University, Tokyo


舞踏に質問!:宇野邦一/山本萌 レクチャー・イベント | Lecture and Talk on Hijikata Tatsumi’s BUTOH: Uno Kuniichi and Yamamoto Moe

国際交流研究会「土方巽の舞踏:正面の衣裳をめぐって」

* English texts follow Japanese.

舞踏に質問!

お問い合わせ:ポートフォリオBUTOH 03-5427-1621(慶應義塾大学アート・センター内・本間)
[email protected]folio-butoh.jp http://portfolio-butoh.jp

Enquiry | [email protected] http://portfolio-butoh.jp 03-5427-1621(Keio University Art Center, Homma)


土方巽 最後の言葉 extra version

土方巽の最後の日々、あるいは最後の思想

宇野 邦一 ゲスト:山本萌(金沢舞踏館)

2014年5月2日 19:00-21:00 慶應義塾大学(三田) 東館6F G-sec Lab
入場無料・事前予約不要

その頃、土方巽は白桃房連続公演を終え、〈舞踏譜の舞踏〉の完成をみた後で、舞踏活動を放棄した態でありました。世間的には引きこもりの虚脱状態にあったのです。宇野邦一が土方巽と親しく言葉を交わすようになったのは、その頃でした。宇野は当時住んでいた神戸から上京するたびに、アスベスト館を訪ね、土方との対話をくりかえしたのです。ある時は、アントナン・アルトーの語りが録音された音声テープを持参して、土方を喜ばせたりもしたのです。
はたして、舞踏家と哲学者の二人は、アスベスト館2階フロアで何を語り合っていたのでしょうか。

土方巽アーカイヴでは、土方晩年のワークショップ(講習会)での土方巽の言葉を探り思想を問う研究会として、「土方巽 最後の言葉」を不定期に実施してきました。今回の宇野邦一氏のレクチャーもまた、土方巽の最後の言葉を尋ねる絶好の機会となることでしょう。


土方巽 舞踏大解剖 別巻

「正面の衣裳」を記述する——土方巽の魔術的メソッドの断章

山本 萌(舞踏家/金沢舞踏館)

2014年5月7日 18:30-21:00 慶應義塾大学(三田) 東館6F G-sec Lab
入場無料・事前予約不要

その頃、土方巽は白桃房連続公演を終え、〈舞踏譜の舞踏〉の完成をみた後で、舞踏活動を放棄した態でありました。世間的には引きこもりの虚脱状態にあったのです。宇野邦一が土方巽と親しく言葉を交わすようになったのは、その頃でした。宇野は当時住んでいた神戸から上京するたびに、アスベスト館を訪ね、土方との対話をくりかえしたのです。ある時は、アントナン・アルトーの語りが録音された音声テープを持参して、土方を喜ばせたりもしたのです。
はたして、舞踏家と哲学者の二人は、アスベスト館2階フロアで何を語り合っていたのでしょうか。

土方巽アーカイヴでは、土方晩年のワークショップ(講習会)での土方巽の言葉を探り思想を問う研究会として、「土方巽 最後の言葉」を不定期に実施してきました。今回の宇野邦一氏のレクチャーもまた、土方巽の最後の言葉を尋ねる絶好の機会となることでしょう。


〈正面の衣裳〉上映研究会

2014年5月21日 18:30-21:30 慶應義塾大学(三田)東館 6F G-sec Lab
講師:カティア・チントンツェ
入場無料・事前申込み不要

18:45-19:45 〈正面の衣裳〉上映/20:00-20:30 レクチャー
20:45-21:30 ディスカッション
連続レクチャーの締めくくりとして、〈正面の衣裳〉を全編上映を行い、土方巽の振付法を巡る探求を振り返ります。上映後には、舞踏研究者カティア・チントンツェによるレクチャー、フロアを交えたディスカッションを予定しています。

主催:ポートフォリオBUTOH 共催:Perspectives On Hijikata Research Collective (POHRC)
助成:平成26年度港区文化芸術活動サポート事業 協力:慶應義塾大学アート・センター 土方巽アーカイヴ


The Last Days or Late Thoughts of Hijikata Tatsumi

7-9pm May 2, 2014, East Building 6th Floor G-sec lab, Keio Univ. (Mita), Entry: Free

Lecturer: Uno Kuniichi

Following the completion of the butoh-fu choreographic method and a period of intensive activity with Hakutobo group, Hijikata Tatsumi entered a state of breakdown and retreat from the outside world. It was during this period that Uno Kuniichi first began to converse with Hijikata, going to see him in Asbestos Kan whilst on visits from Kobe. Among the things they exchanged was a tape of Antonin Artaud talking, which Uno offered to a delighted Hijikata. The two figures – the butoh founder and the philosopher – would sit and discuss all manner of things on that second floor of Asbestos Kan.
* The Hijikata Tatsumi Archive’s ongoing lecture series Hijikata Tatsumi: The Last Words focuses on the words Hijikata spoke in his last workshops. Uno Kuniichi’s lecture represents the unique opportunity to gain a new perspective on these late years.


Describing Costume en Face A Fragment of Hijikata Tatsumi’s Miraculous Method

6.30-9.00pm May 7, 2014, East Building 6th Floor G-sec lab, Keio Univ. (Mita), Entry: Free

Lecturer: Yamamoto Moe (Butoh dancer / Kanazawa Butoh Kan)

Costume en Face is the abstruse title of the work Hijikata Tatsumi offered to a young Yamamoto Moe in October 1976. Dancing the work with a feverish intensity, Yamamoto met Hijikata’s expectations. It was both a performance and the testing out of a new creative process, marking the materialization of the use of butoh-fu in the butoh method of creation. We are fortunate enough to be able to watch the recordings of this performance, which when viewed in relation to Yamamoto’s notebook memos of Hijikata’s choreography, reveal the work’s composition in relation to its bugoh-fu.
This lecture will focus on the pre-performance creative process and on the notebooks, in order to frame a discussion of Hijikata’s work. Yamamoto will discuss the notebooks (both precious documents and a verification of Hijikata’s method) in terms of how he recorded and performed the butoh-fu, considering the dynamic relationship between movement and language.


Screening of Costume en Face

6.30-9.30pm May 21, 2014
G-Sec Lab, East Building 6th Floor, Keio University Mita Campus, Entry: Free

Lecturer: Katja Centonze

6.45-7.45pm – Screening of Costume en Face / 8-8.30pm – Katja Centonze Lecture
8.45-9.30pm – Discussion
During this final session we will watch the full-length recording of Costume en Face in light of the preceding research into Hijikata Tatsumi’s choreographic method. This will be followed by a lecture from a Hijikata Tatsumi expert (Katja Centonze), and will end with a discussion open to all participants.

Organised by Portfolio Butoh with Perspectives On Hijikata Research Collective (POHRC)
Supported by Minato Art and Culture Support Fund (2014), Cooperated by Keio University Art Center


// About

ポートフォリオBUTOHは、舞踏の創始者、土方巽の舞踏の理解と解明を目指すプロジェクトです。.... Read more

Members / Project History
Contact us

  Portfolio Butoh FB page

// News and blog


// Videos